masterpiece NFT #1 “fairies”

投稿日:

I thought about what would be the best way to mint (publish) the NFT.
At first, I thought I would try something like a light doodle that I drew in my spare time, but then I came to the conclusion that it would be better to have something that more clearly recognizes the authenticity of the NFT.

So, I decided to do something that only NFT can do anyway, and this is the “masterpiece NFT of Oyari Ashito collection.

The idea was to select about 20 paintings from my 25-year career as an artist that I could consider my own masterpiece, and to mint them as a single NFT. Due to the nature of digital art, there is no single original version. However, I thought that by using NFTs as a single token, it would be possible to create a value as close to the original as possible.

The criterion for selecting a masterpiece is, of course, whether or not I like the painting, but also how I felt when I painted it and its position in my career. I would like to explain and mint them as carefully as possible. This is the way I would like NFT to be if I were to buy it myself.

Let me introduce the first NFT to be exhibited this time. #1 is the only picture I can think of.

NFTをミント(発行)していくにあたり、どういうものが良いのか考えました。
最初は、空いた時間で描いた軽い落書きのようなものから試してみるかとも思ったのですが、NFTの真贋の証明性をより明確に意識したものが良いのではないかと思い至りました。

そこで、どうせならNFTでしかやれないことをやろう、と考えたのが”masterpiece NFT of Oyari Ashito collection”になります。

これは、僕が過去25年ほどの作家歴から自分自身で代表作(masterpiece)たりえる絵を20枚ほど選び、それを単一のNFTとして発行してみよう、というものです。デジタル作品はその性質上、唯一の原版というものが存在しません。ですが、NFTで単一のトークンとすれば、限りなく原版に近い価値を生み出せるのではないかと考えました。

代表作を選ぶ基準は絵を気に入っているかどうかはもちろん、その絵を描いた当時の気持ちや経歴上の位置づけもあります。それらをなるべく丁寧に解説し、ミントしていきたいと思っています。これは、僕自身がNFTを買うなら、こういう形であってほしい、というものです。

では今回出品する第一号のNFTを紹介します。#1ならばこの絵しかないと思っています。

masterpiece NFT #1

title: fairies
artist: Oyari Ashito(大槍葦人)

2002 first appearance.
2015 repainting.
2021 mint NFT.

edition 1/1

This painting was done in 2002, after Littlewitch was founded, while I was working on its first work, ” Shirotsume-sowa”.

It was published as a double-page spread in Dengeki-hime magazine, along with an interview announcing the production of the game, in which the establishment of the game brand Littlewitch and the production of “Shirotsume-sowa” were announced.
Since Oyari Ashito had been working on games for a consumer company until just before this, this picture symbolized a major turning point in his career, creating games for his own game company.
This painting symbolizes the beginning of Littlewitch, which will continue for the next eight years.

Light floods in through a large window, and three girls wrapped in soft white cloths and clothes are smiling at us, napping, and thinking about something.
The painting is full of motifs that Oyari Ashito often draws, and by removing most of the colors from the background, he tries to depict not the individuality of the girls, but their more archetypal beauty.
The three girls and the soft, tranquil air, as if time had stopped.

The characters in this picture are the heroines of the game, and from left to right they are named Sayu/ Emma/ Toka.
As you can see from the title of the painting, they are not human beings, but artificial life forms in the form of girls, and were set up as characters that symbolize emotion, body, and reason, respectively.
These white outfits do not appear in the game, but they perfectly match the delicate atmosphere of the story.

The retouched version was displayed at the 2015 YOTSUYA GIRLS PICTUERS EXHIBITION.

この絵は2002年、Littlewitchを設立後、その処女作「白詰草話」を制作中に描かれました。

電撃姫誌に製作発表のインタビューと共に見開きで掲載され、そのインタビューにおいて、ゲームブランドLittlewitchの設立と「白詰草話」の制作が発表されました。
大槍葦人はこの直前までコンシューマーメーカーでゲームの制作をしていたため、この絵は自分自身のゲーム会社でゲームを作るという大きな転換点を象徴するものとなりました。
ここから8年に渡って続くLittlewitchの始まりを象徴する絵です。

大きな窓から光が溢れ、白く柔らかな布と服につつまれた3人の少女がこちらに微笑み、うたた寝し、何かを考えています。
大槍葦人がよく描くモチーフが詰まった絵であり、背景の殆どから色を消しさり、少女の個性ではなく、より原型的な美しさを描こうとしています。
3人の少女と柔らかで静謐な、時間の停止したような空気。

この絵に描かれているキャラクターは、ゲームのヒロインとなるキャラクターであり、左から沙友、エマ、透花という名前を持っています。

絵のタイトルからもわかるように彼女たちは人間ではなく、少女の姿をした人工生命体であり、それぞれ、感情、肉体、理性を象徴するキャラクターとして設定されました。
この白い服はゲーム中に登場するものではありませんが、ストーリーの繊細な雰囲気と完全にマッチしたものです。

2015年の四艶少女画展においてレタッチしたものが展示されました。

このNFTはオークション形式にて販売します。(日本時間2021/10/21 21:00-)

https://foundation.app/@oyariashito/~/101004