NFT

投稿日:

We have decided to sell NFTs.
(It’s a long story to explain what NFT is, so please look it up separately.

I’ve been following blockchain and crypto-asset technologies for a long time, but I’ve been wondering if I should really take NFT seriously.
However, I was not sure if I should take NFT seriously or not, because it seemed to be in a state where it was still unclear whether it would really be a viable market or not.

However, after seeing the recent rise in the market and doing a lot of research on my own, I was able to realize that this would be a viable market and decided to take the plunge. It was a step that required a lot of courage.

It was the same feeling I had when I rented an art gallery (Art Complex Center) that was used for the art market, which seemed to be out of place, and held the “Reito Oyari* Girls’ Art Exhibition” as an experiment to see if it was possible for an illustrator to hold a solo exhibition on his own responsibility and sell his paintings.
It was not just prints, but varnished canvases that I produced and sold as art-like works as possible. (https://oyariashito.net/2013/11/03/%e5%80%8b%e5%b1%95%e3%82%92%e7%b5%82%e3%81%88%e3%81%a6%e3%80%82/)

Now, more and more people are doing solo exhibitions in the same way, and I think I’ve been able to create a small foothold in the middle of the otaku industry and the art industry.

I have been taking on various challenges so far.

Creating a game company.
To publish a book of manga without relying on a publisher.
To publish and distribute my own art books without relying on publishers.
An illustrator in the otaku industry can hold a solo exhibition without relying on sponsors.

All of them have the theme, “Can an illustrator be independent without relying on big companies, authorities, and publishers?” and the NFT sale is an extension of that theme.

The NFT system, which provides royalty income for secondary sales, is very wonderful for artists. After all, there has never been such a system before.

Manga artists and novelists receive royalties (and I think those royalties are too low), but for illustrators, once they draw, deliver, and get paid, all the money belongs to the client, no matter how much value the work has created. That was the norm.

This is definitely a good thing for artists.
The technology is too new to be evaluated yet, but I believe that it will be accepted as a normal technology as more and more people participate in it.

I’ll write more about how I’m going to mint NFT in another article.

NFTの販売をすることにしました。
(NFTがどういうものなのかを説明すると長くなるため、そこは別途調べてくださいませ)

ずっとブロックチェーンや暗号資産の技術は追いかけていたのですが、NFTに関しては本気で取り組んでよいものかどうか、ずっと迷っていました。
なにしろ本当に市場として成立するのかどうかまだまだわからない、といった状態に見えていたので。

ただ昨今の盛り上がりを見て、自分で色々と調べ、これは市場として成立するであろう、という実感を持つことができたことで踏ん切りがつきました。かなり勇気の要る一歩でしたが。

かつて「イラストレーターが自分自身の責任で個展を開き、絵を売ることはできるのか」という実験として場違いに思われたアート・マーケットで使われる画廊(アートコンプレックスセンター)を借り、「大槍葦人*少女画展」をやったときと同じ気持ちです。
ただのプリントではなく、キャンバスにニスを塗ってなるべくアート寄りの作品として制作し、販売しました。(https://oyariashito.net/2013/11/03/%e5%80%8b%e5%b1%95%e3%82%92%e7%b5%82%e3%81%88%e3%81%a6%e3%80%82/

今では同じようにアート業界的なやり方で個展をやる方も増え、いわゆるオタク業界とアート業界の中間地点に小さな足場を作ることができたのではないかと思っています。

今までいろんなチャレンジをしてきました。

「ゲーム会社を作る」
「出版社に頼らず漫画の単行本を出すこと」
「出版社に頼らず自分の責任ででちゃんとした画集を出して流通させる」
「スポンサーに頼らずオタク業界のイラストレーターが個展をやる」

すべて、「イラストレーターが大きな会社や権威や出版社に頼らず自立できるのか?」というテーマがあります。そして、今回のNFT販売もその延長上にあります。

NFTの持つ、二次販売に対してもロイヤリティ収入があるというシステムは作家にとって非常に素晴らしいです。なにしろ、今までそんなシステムはなかったのですから。

漫画家や小説家には印税がありますが(その印税も僕は低すぎると思っています)、イラストレーターとなると描いて、納品して、報酬をもらってしまえば、後はその絵がどれほど価値を生み出したとしてもそれらはすべて発注側のもの。それが普通だったのです。

これは間違いなく、作家にとって良いことです。
新しすぎるテクノロジーで、まだまだ評価が定まりませんが、多くの人が参加していくことで普通に、当たり前のテクノロジーとして受け入れられて行くのではないかと思っています。

僕がどんなNFTをミントしていくかはまた、別記事で公開します。